虫歯も口臭の原因

虫歯も口臭の原因のひとつです。


歯磨きをしなかったりすると歯の表面にプラーク(歯垢)が付着して、そのプラークが石灰化して歯石となり、そして口の中の細菌がプラークや食べかすをエサに増殖することで虫歯や歯肉炎になります。


そして虫歯や歯肉炎が悪くなると、とても強い口臭を発生させるのです。


口臭はプラークや歯石が原因で発生する場合もあるので、歯磨きは毎日行なうことがとても大切なことなのです。


でも、プラークや歯石はいくら毎日丁寧に歯磨きをしても残ってしまいます。


プラークや歯石は年齢が上がるほど、歯に付着する傾向があるそうなので、半年に一度くらいは歯科に行って歯石を除去してもらうことをおススメします。


私は、たまに歯科に行って虫歯がないか見てもらっています。


自分では気が付かないのですが、あるんですよね、小さな虫歯が・・・。


「えっー、どうして」って感じですよね。


そして、虫歯の治療をしてもらったついでに、歯石を除去してもらいます。


ちょっと痛いんですけど、歯石を除去してもらった後の口の中って、すごく気持ちがいいんですよね。


口臭が気になる人は、一度歯科に行って口の中を見てもらうことをおススメします。


もしかすると、自分では気が付かない虫歯があるかもしれませんよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。